クリスマス2018シニア礼拝・祝会

同じ16日の16時30分から 日曜学校のシニアのクリスマス礼拝、祝会 が行われました。 こんなものを用意しました。 おりがみの風船です。 これを少しずつ貼っていきます。 一人ひとつずつ、 貼っていって…。 一回りしたら、もう一回り…。 するとクリスマスツリーが 出来上がってゆきます。 礼拝堂で静かに礼拝を 守りました。 さんびかもアカペラで…。 礼拝のあと、クリスマスの夕食を いただきました。生徒のお母さんも 参加されて、和やかに…。 そのあといよいよ、ゲームです!! ドイツ生まれの、積み木くずしならぬ、 積み木かさねゲーム。 ロープをみんなでもって、一つの 積み木を持ち上げて、重ねてゆくの です。 みんな力を合わせて、一つに なって……。 イエスさまの降誕を待ちわびる 人々のように思いを一つに するのです。 いろいろ手をつくし、なんとか できました!! できそうでできない、 できるとすごくうれしい。 知らない人同士でも あっという間に一致団結できる 「やりましたー!」 みんな笑顔、笑顔で 帰っていきました。 また24日のイヴ礼拝で 心をひとつにしましょう。

クリスマス2018初等科礼拝・祝会

2018年12月16日の13時から 日曜学校初等科のクリスマス礼拝・祝会 が行われました。 当日のクランツと ページェントの台本です。 この日のために練習してきました。 毎日曜日の9時の礼拝後の2,30分 という短い時間でしたが…。 クランツの横でしっかりナレーションして くれています。 礼拝なので、自分の出番以外はしっかり 聞いています。羊飼いも天使も席にすわって…。 「あっ、まぶしい」 「きょうダビデのまちにあなたがたの ためにすくいぬしがおうまれに なりました」 天使と羊飼い、羊の場面です。 しゃがみこむ羊飼いと羊です。 羊飼い、羊、博士たちがイエスさまが お生まれになった馬小屋に集まります。 天使もあらわれ 「神は、独り子を世におつかわしに なりました。 その方によって、わたしたちが 生きるようになるためです。」 (ヨハネの手紙Ⅰ 4:9) 礼拝なので、お話があります。 布村牧師が主イエスのご降誕と その意味を伝えてくださいました。 みんなで、主イエス・キリストの降誕を 賛美する礼拝がささげられました。 そのあとは、お楽しみの時間です。 あの人(?)がやってきました。 そして、イエス様という一番のプレゼント の次に大事なプレゼントをもらいました。 あの人はとても、口数少なく、真っ赤に なって(?)けれど一人一人に やさしく渡して、 握手して帰ってゆきました。 たくさんの日曜学校のみなさん、 そしてご家族のみなさんが 集まって賛美の時が守られました。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Google+ Basic Square

日本キリスト教団 井草教会

Copyright (C) 2017 Igusa Church All Rights Reserved.

*サイトでの聖書からの引用は,
すべて『聖書 新共同訳』によります。
聖書 新共同訳: (C)共同訳聖書実行委員会,
Executive Committee of the Common Bible Translation
(C)日本聖書協会,Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988.